前回書いたように、スピノザの『知性改善論』の「方法の第一部」を締めくくる最後の章にあたる「記憶と忘却について」と題された章においては、人間の脳や心における記憶と忘却の働きをめぐる哲学的な議論が展開されていくことになるが、

そうした人間の脳における記憶と精神における知性の働きの関係性について語られている『知性改善論』の記述のなかでは、現代の脳科学や科学哲学などの分野における心脳同一説の否定へとつながる主張が繰り広げられていくことになる。

スポンサーリンク

受動的なイメージとしての記憶と能動的な知性の働きとの区別

『知性改善論』の「方法の第一部」の最後の章にあたる「記憶と忘却について」と題された章において、スピノザは、前回取り上げた知性の働きによって強化されるタイプの記憶のあり方の分析に続いて、

知性の働きとは無関係に強化されていく記憶のあり方についての分析を進めていくことを通じて、記憶と呼ばれる心の働きの本質はどのようなところに求められるのかということを明らかにしていくことになる。

「次にまた知性の助けを借りなくても強められるというのは、すなわち、表象力あるいはいわゆる共通感覚が有形的な個々の事物から触発されるその力によってである。

私は「個々の」と言う。なぜなら、表象力は個々の物によってのみ触発されるからである。…私はまた「有形的な」と言う。なぜなら、形体のあるものによってのみ表象力は触発されるからである。

このように、記憶は知性によって強まり、また知性の助けがなくても強まるから、これからして、それは知性とは異なるあるものであり、またそれ自体で見られた知性においては何らの記憶も忘却も存在しないということが結論される。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、67ページ参照。)

ここでスピノザは、知性の働きを介さずに成立する記憶そのものの働きの本質は、個々の事物の知覚によって呼び起こされる表象力のうちに求められると主張している。

つまり、人間の記憶は、自分が目にした個々の事物の知覚によって受動的に生み出される心の中の表象すなわちイメージとして成立していくことになると考えられるので、そうした受動的なイメージとしての記憶は、基本的には、形を持った具体的な一つ一つの表象やイメージによって形成されていくことになると考えられるということである。

そして、そうした人間の心の中において知覚経験に基づいて受動的に形成されていくと考えられる具体的な表象やイメージとしての記憶は、

人間の精神における能動的な知性の働きとも何らかの形で関わりを持つ存在でありながら、そうした能動的な精神や知性の働きを介さなくても受動的に、言わば、勝手に形成されていってしまうものであるとも考えられるので、

そういった意味では、

そうした心の内にひとりでに形成されていく受動的なイメージとしての記憶は、その本質においては、精神や知性の働きとは異なる領域に属するまったく別の種類の存在であると考えられることになるのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『知性改善論』における心脳同一説の否定へとつながる哲学的な理論

それでは、そうした人間における能動的な知性の働きと明確に区別されていくことになる記憶とう存在の本質は、具体的にどのようなところに求められることになるのかということについて、スピノザは、以下のような記憶の定義をめぐる核心となる議論を提示していくことになる。

「それではいったい記憶とは何であろうか。それはほかでもない、脳における印象の感覚がその感覚の一定の持続の意識と結びついたものである。

これと同じことが想起の場合にも見られる。なぜなら、想起にあっても精神はこうした感覚を意識することになるから。

しかしそれは間断のない持続においてではない。このようにして、この感覚の観念は感覚の持続そのものとは異なる、すなわち記憶そのものとは異なるのである。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、67~68ページ参照。)

ここでスピノザは、脳において成立する印象の感覚、すなわち、事物の知覚に基づいて形成されることになる受動的なイメージがもととなり、それが人間の精神における持続的な意識の働きと結びつくことによって記憶と呼ばれる心の働きが成立すると主張していると考えられる。

そしてそのうえで、さらにスピノザは、想起と記憶の働きの違いについての区別についても触れていて、

記憶の場合には、そうした脳における印象の感覚が持続的な意識と結びついて保持され続けていくことによって、そうした脳におけるイメージや感覚が必要に応じていつでも呼び出すことが可能な状態にとどめ置かれているのに対して、

想起の場合には、そうした脳における印象の感覚はあまり持続的ではない瞬間的な意識の働きと結びつくことによって一時的に呼び起こされただけの状態にあるので、何らかのきっかけでそうした瞬間的な結合が引き起こされない限りは、そうした脳における印象の感覚は呼び起こされることのないまま忘却された状態へと沈み込んでいってしまうといった点に両者の違いがあると考えられる。

いずれにしても、ここで重要なのは、

こうした記憶や想起といった働きをめぐる一連の哲学的な議論において、スピノザは、記憶の本質脳における印象の感覚のうちに求めることによって、人間の精神における知性の働きと明確に区別しているという点にある。

つまり、こうした『知性改善論』における記憶と知性の関係性をめぐる議論においてスピノザは、

物質の領域に属する存在である脳が司る記憶や忘却といった働きと、精神の領域に属する知性や意識の存在を存在論的に明確に区別することによって、

現代の脳科学や科学哲学などの分野における心脳同一説の否定へとつながる一つの哲学的な理論を提示していると捉えることができると考えられるのである。

・・・

「哲学」のカテゴリーへ

スポンサーリンク