前回書たようにスピノザの『知性改善論』と題された未完の書物の終盤に位置する「永遠なる事物を認識する手段について」と題された章では、永遠なる事物と変化する個物の存在の区別をめぐる議論が展開されていくなかで、

スピノザ哲学における普遍的であると同時に個体的でもある永遠なる真理の存在の輪郭が明らかにされていくことになる。

そして、こうした「永遠なる事物を認識する手段について」と題された章におけるその後の議論においてスピノザは、そうした神すなわち自然と呼び得るような永遠なる事物からどのようにして現実の世界における一般的な事物である変化する個物の存在が導き出されることになるのかということについての一つの指針となる考え方を示していくことになる。

スポンサーリンク

永遠なる事物から変化する個物の認識を直接的に導き出すことが困難である理由

『知性改善論』の「永遠なる事物を認識する手段について」と題された章の後半部分においてスピノザは、人間の知性がいかにして変化する個物の認識へと至ることになるのか、そしてそこにはどのような困難が伴うことになるのかということについて以下のように語っている。

「我々がこれらの変化する個物の認識に至り得るためには少なからぬ困難が伴うように見える。

なぜなら、これら一切を同時に概念することは人間の知性の力をはるかに越える事柄であるから。

だからと言ってある物が他の物に先立って理解される順序は、既に述べたように、それらのものの存在系列からは求められないし、また永遠なる事物からも求められない。

なぜなら永遠なる事物においては、これら一切は本性上同時に存在するからである。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、80ページ参照。)

ここでスピノザは、人間の知性が現実に存在する一般的な事物である変化する個物の存在を哲学的な意味において正しく理解するには大きな困難が伴うと述べたうえで、

その理由について、変化する個物においてはすべての存在が常に移ろい生成と消滅を繰り返していくのに対して、永遠なる事物においては、文字通り、すべての存在がその本性上、永遠なるものとして、常に同時に存在しているという点を挙げている。

つまり、現実に存在する一般的な事物である変化する個物においても、その存在自体の究極の根拠は永遠なる事物の存在の内に求められることになるものの、そうした永遠なる事物と変化する個物との間にはその存在のあり方において大きな断絶があり、

すべての存在が自らの内に同時的に存在する永遠にして不変なる哲学的な真理に基づいて、現実に存在する一つ一つの変化する個物における微細な生成変化と存在の差異のあり方のすべてを明確に解き明かしていこうとする試みは、人間の知性の能力を大きく超えた作業となってしまうと考えられるということである。

例えば、自分自身そして他者も含むすべての人間における意識や精神の本質が、思惟や思考と呼ばれる働きにあるということは一つの哲学的真理であると考えられるが、

こうした人間の意識や精神の本質に関する永遠なる真理が把握されているからといって、それによって一人一人の人間が何に対して興味を持ち、どのようなことに喜び、何を目的として生きているのかといった、個々の人間における心の内のすべてが明らかになるということにはならない。

もちろんそれが人間の意識や精神の本質を解き明かす一つの永遠なる真理である以上、個々の人間の心の存在もそうした哲学的真理とまったくの無関係であることはあり得ないのだが、両者の間にはその存在のあり方に大きな断絶があるということである。

そして、そういった意味では、少し逆説的な言い方にはなるが、すべての存在の根源に位置づけられる永遠なる真理へとたどり着くことを目指す哲学的探求においては、たとえその目的を果たして永遠なる事物についての認識を得ることができたとしても、

そうして得られた哲学的な真理としての永遠なる事物の存在から現実に存在する一般的な事物である変化する個物におけるすべての性質を解き明かしていくということは、

スポンサーリンク

神による天地創造の業を自らの手によって再現していくかのような人間の知性の能力の範囲を超えた極めて困難な作業となってしまうと考えられるのである。

スポンサーリンク

帰納的推論を補助手段として永遠なる事物から変化する個物へと至る学問の体系

 それではスピノザは、いったいどのようにして人間の知性は、そうした哲学的探求によって最終的に得られることになる永遠なる事物についての認識から、現実に存在する一般的な事物である変化する個物についての正しい認識を得られることになるのかということについて、それは結局、以下のような手段に求められることになると述べている。

「我々が個物の認識にとりかかる前に、次のような補助手段について述べるべきであろう。その補助手段はすべて、我々に、我々の感官の用い方を教え、かつ探求される事物を規定するのに十分な実験を一定の法則と秩序に従って行うことを教えるものである。

これによって、我々はついにその事物が永遠なる事物のどのような法則によって生起するかを結論し得るし、またその事物がどのような内的本性を有するかを知るようになるであろう。

しかしこれについては適当な場所で述べることにする。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、81ページ参照。)

ここでスピノザは、感官すなわち人間の認識における感覚や知覚の正しい用い方を理解したうえで、一定の法則と秩序に基づく実験を積み重ねといった補助手段を用いることを通じて、

人間の知性はそうした現実に存在する一般的な事物としての変化する個物が永遠なる事物の法則に基づいていかにして生起していくことになるのか、そして、そうした変化する個物の内的な本質がいかにして把握されることになるのかが明らかとなると述べていて、

そうした永遠なる事物から変化する個物の認識へと至るための具体的な方法論と思考の道筋についてはこの章の後に続く「適当な場所で述べる」と語っている。

しかし、この章の次の章にあたる「知性の力とその諸特性について」と題された章の途中において記述が終わる未完の書である『知性改善論』において、スピノザがここで予告している変化する個物の認識についての具体的な方法論について実際に語られている箇所は存在しない。

おそらくは、哲学者としてのスピノザの人生により潤沢な時間が与えられていれば、いずれはこの『知性改善論』と題された未完の書物も完成へと至ることになっていたと考えられるのだが、44歳の若さでその生涯を終えるスピノザにとって、

『知性改善論』において語られている認識論や方法論に関する哲学理論のすべてを一つの体系へとまとめ上げるための十分な時間は残されていなかったと考えられるのである。

いずれにしても、こうした『知性改善論』における断片的な記述において語られている範囲から明らかとなることとしては、

スピノザは、現実に存在する一般的な事物にあたる変化する個物の認識については、それが結局のところ、哲学的な意味における真の観念にまで達することがない以上、そうした哲学的な探求からは排除されている表象力の作用、すなわち、

感覚や知覚によって得られる経験の積み重ね一定の法則と秩序に基づく実験に基づく帰納的な推論補助手段として用いることが必要となることを認めていたことは確かだと考えられる。

つまり、スピノザの哲学においては、最終的には、永遠なる事物と変化する個物の間に存在する人間の知性における認識の断絶をつなぎ合わせるために、実験と経験に基づく帰納的推論が用いられることによって、

永遠なる事物としての哲学的真理から現実に存在する一般的な事物としての変化する個物についての認識へと至るまでの人間の知性における知識と学問の体系が築き上げられていくという構想が建てられていたと考えられるのである。

・・・

「哲学」のカテゴリーへ

スポンサーリンク