前回書たように『知性改善論』における「永遠なる事物を認識する手段について」と題された章の結論部分においてスピノザは、

第一部と第二部から構成されるこの未完の書物における議論の全体をまとめていくことを通じて、永遠なる真理へと到達するための哲学探究における一つの指針となる方法論のあり方を提示したうえで、

そうした永遠なる真理へと通じる哲学探究における方法論を真の意味において完成させるためには、さらに、そうした永遠なる事物の認識へと至る哲学探究の主体となる知性についての反省的認識が必要となると語っている。

『知性改善論』と題されたこの未完の書物は、次の章にあたる「知性の力とその諸特性について」と題された章の途中とも思われる部分で唐突な形でその記述が終わることになるのだが、

こうした『知性改善論』の最終章においては、前の章において予告された通り、哲学探究の方法論の土台となる人間の精神における知性の存在についての探求が行われていくことになる。

スポンサーリンク

スピノザの『知性改善論』における「知性」と「思惟」の存在の同一性

『知性改善論』の「知性の力とその諸特性について」と題された章の冒頭部分においてスピノザは、まずは、こうした知性の存在について、人間の精神における思惟や思考の働きとの関係性のあり方から考察を進めていくことになる。

「さて、もし第一部で示したように、真の観念を形成することが思惟の本性に属するとするなら、我々は今ここに、知性の力ないし能力をいかに解すべきかを探求しなければならない。

しかし知性の力とその本性を最もよく理解することが我々の方法の主要部分であるから、我々は方法のこの第二部で論じたところにより必然的にこれを思惟ないし知性の定義そのものから導き出さなければならない。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、82~83ページ参照。)

ここでスピノザは、哲学探究における主要な目的となる真の観念を形成するという働きが人間の精神における思惟、すなわち、思考の働きの本性にあたると述べたうえで、

そうした思惟の本性に属する真なる観念の形成がいかにして行われるかを把握するためには人間の精神における知性の力およびその能力を正しく理解することが必要であると述べている。

そして、その後に続く文においてスピノザが「思惟ないし知性の定義」という表現を用いることによって、こうした「思惟」と「知性」という概念を互いに言い換えることが可能な互いに等しい概念として記述していることからも明らかなように、

スポンサーリンク

上記の引用箇所においては、「知性」と「思惟」という二つの概念は、その本質においては同一の概念として把握されていると考えられる。

つまり、そういった意味では、『知性改善論』におけるスピノザによる知性の定義とその本性をめぐる議論においては、

そうした人間の精神における純粋な思惟や思考の働きを自らの本質とする知性の存在とその能力についての探求が行われていると考えられるのである。

スポンサーリンク

人間精神における思惟や思考の働きの内省を通じて見いだされる知性の定義

それではこうした永遠なる真理の認識へと至る哲学探究の方法論の土台となる人間の精神における知性の存在の探求においては、

具体的にどのような形でそうした人間の精神における純粋な思惟の働きとしての知性の本性と定義についての探求が行われていくことになるのかというと、それについてスピノザは以下のように語っていくことになる。

「だかしかし、これまで我々はまだ定義を発見する何らの規則をも持たなかったし、そしてまたそうした規則を立てるためには、まず知性の本性すなわち定義とその能力とが認識されなくてはならない

それゆえ、我々が明瞭かつ判明に理解するところの知性の諸特性に注目すれば、知性の定義はおのずから明らかになるであろう。

だから我々はここに知性の諸特性を列挙し、これを注意深く観察し、そして我々に備わる生得の道具について検討を始めよう。」

(スピノザ『知性改善論』畠中尚志訳、岩波文庫、83ページ参照。)

ここでスピノザは、哲学探究の立脚点となる事物や存在についての正しい定義としての真なる観念を発見するための規則は、人間の精神における知性の定義とその能力に基づいて定められることになり、

そうした知性の定義とその能力についての認識は、人間の精神が自らの内なる思惟や思考の働きにおける知性の諸特性に注目することによっておのずから明らかになると語っている。

スピノザの哲学思想の土台にあるデカルト哲学における「我思うゆえに我在り」といった言葉に象徴されるように、

人間の精神あるいは意識において、思惟や思考の働きとしての知性の存在は、それ自体において最も確実で明証的直観的認識であるという意味において、それは人間の精神の内に生得的に備わっている第一の真なる観念として位置づけられることになる。

つまり、人間の精神は、自らの精神の内に予め備わっている生得的な道具としての思惟や思考の働きとしての知性の存在についての真なる観念の内省を通じて、そうした知性における諸特性とその定義を自らの力によって明らかにしていくことができると考えられるのである。

スポンサーリンク